~家族信託とは?~
『財産の所有者(委託者)』が、『自分自身や誰か(受益者)』のために、信頼できる家族(受託者)』にその財産の管理・処分を任せる仕組みです。

 

~どういったときに有効?~
 
〇『財産の所有者(委託者)』が元気なうちに財産管理を任せることで、『財産の所有者(委託者)』が認知症等を発症した後にも『財産の所有者(委託者)』が持つ財産を有効活用することが可能
認知症対策

  〇『財産の所有者(委託者)』の死亡後の承継者を自由に決めることができるので遺言よりも柔軟な対応が可能
  相続後の会社経営トラブル防止、資産継承対策

親が認知症を発症したので、成年後見制度を利用しているけど、制約が強すぎて大変!というお声を聞くことが多いです。
事前に対策をとっておくことで、家族全員がよりよい人生を送ることができます。