所有者不明地が10年間の公共利用可能に!

現在、所有者不明の土地が各地にあり、社会問題となっております。
これに対応するため措置法が成立しました。                                      公園、広場、駐車場など公共目的での利用を最長10年間認める新制度の創設が柱となっております。
いままで所有者不明のまま荒地になっていた土地を有効活用できるようになるかもしれません。

現在は、相続登記は義務ではありません。しかし、今後義務化すべきという提言もされています。所有権を手放せる制度などとあわせて丁寧な議論が必要な事項と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。