改正住宅セーフティーネット法

2017年4月19日成立した改正住宅セーフティーネット法。
この法律は、空き家の登録制度を新設して、高齢者、障害者、子育て世帯、低所得者など、賃貸住宅市場で住宅の確保に困難を抱えている人たちの入居を促進しようとするものです。
空家問題と同時に深刻化する高齢者などへの入居差別を解消しようというもの。
今年の秋に開始される予定。どういう感じになるのでしょうか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。