法務局で自筆証書遺言を保管する制度が始まります!

平成30年7月6日,法務局における遺言書の保管等に関する法律が成立しました(同年7月13日公布)。
せっかく遺言書を残しても、紛失したり、悪意ある相続人に破棄されたり、形式が整っておらず無効だったり、、いろいろなトラブルが発生します。そのようなトラブルをできるだけ少なくしようということで法務局において自筆証書遺言に係る遺言書を保管する制度が新たに設けられました。施行期日は,今後政令で定められることになりますが、公布の日から2年以内に施行されることとされております。
どういった手続きをとる必要がまだ詳細がわかりませんが、この制度を利用することにより相続トラブルが少しでも少なくなるといいですね・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。