積水ハウス、63億円詐欺被害

YAHOO!ニュースに『4月24日に売買契約を結び、決済日の6月1日に購入代金70億円のうち63億円を契約相手先に支払った。だが、決済日に登記申請したところ、所有者側の提出書類に真正でないものがあったとして、申請が却下されたという。それ以降、所有者とは連絡が取れない状態になっているという。』という記載がありました。
登記手続きを担当された司法書士の方もかなりの注意を払われていたと思いますが、、怖すぎます。
現在、いろいろな技術が発達し、簡単に書類を偽造できるようになりました。取引きのわずかな時間の中でそれを見破るのはかなり難しいかもしれません。
警視庁は昨年以降、複数の地面師グループを摘発しているそうなので、東京五輪を控えた都心の不動産価格高騰を背景に地面師暗躍しているみたいですね、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。