預貯金の相続

平成28年12月19日に預貯金も遺産分割の対象となるという重要な判例変更がありました。
要するに、どういうこと??いままでとどう違うの??と思われる方も多いのではないでしょうか。

例えば、、
波平が亡くなり、相続人はフネ、サザエ、カツオ、ワカメの4人。
サザエは生前に大きな生前贈与を受けていたというケースを考えてみると、、

判例変更前→サザエが受けた生前贈与を全く考慮することなく、それぞれの相続人(フネ、サザエ、カツオ、ワカメ)は金融機関に対してその法定相続分に基づいて各人が分割された預金債権の行使(払戻し等)できる。

判例変更後→サザエが受けた生前贈与を遺産分割協議の際に考慮して各相続人の相続分を決めることができる。フネ、カツオ、ワカメにとってより公平な分配がなされることになりますが、、遺産分割が終了するまでは預貯金が動かせないかも???

相続人多数で所在不明、相続人同志が不仲で話し合い不可など、収拾がつかないケースも多くありますので、万一の際の対策を取られることをお勧めいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。