不動産の持分割合は?

ご夫婦で住宅を購入されるとき、不動産の持分はどのように決めていらっしゃるでしょうか。
面倒だから半分づつでいいんじゃないの~?と適当に決めると後で大変なことに!!
実際の購入資金の負担割合と所有権登記の持分割合が異なっている場合には贈与税が発生することがあります。
例えば、5000万円の住宅を夫3000万円、妻2000万円の負担で購入し、持分を夫と妻それぞれ2分の1と登記した場合、妻は2500万円負担すべきところ2000万円の負担で2分の1の持分を得ていることになりますので、差額500万円については夫から妻へ贈与があったことになります。
後で贈与税が!!とならないようお気を付けください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。