戸籍法改正について諮問へ

法務省は、税や社会保障などの行政手続きに活用される「マイナンバー制度」の利用範囲を戸籍に拡大する方針を固めたという新聞記事を見ました。
結婚の届け出やパスポート申請、老齢年金請求などの際に行政機関に対して戸籍証明書(謄本や抄本など)の提出が不要になり、手続きが簡素化される見込み。

どのような感じになるのかまだまだ未知数ですが期待してます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。