専門家

昨日、HPのトップ画面を変更しようと編集していたら悲劇が!!
HPが突然真っ白、エラーメッセージのみ表示される状態に(HP真白事件と命名)。
ネット上の有料サイトで専門家に相談したところ的外れな回答。
そんな回答もらっても解決できないです~!!!
翌日、他サイトの専門家に依頼。私の拙い説明でも理解してくださり、無事に復旧しました。

参考までに、復旧していただいた専門家のURL記載します【西沢直木のIT講座】
https://www.nishi2002.com/wordpress-support.html
同じようにお困りの方いらっしゃったら、ご相談してみてはいかがでしょうか(有料です)。
とても対応が早くて助かりました。

 

HP真白事件での教訓

1.餅は餅屋
自分でどうにかしようとして状況を悪化させました。傷が小さいうちに適切な専門家に頼るほうが精神衛生上よい。

2.相手の知識を確認しながら対応することが大切
相談者様がなにを望んでいるか、どの程度の知識をお持ちかを考えて対応することが本当に大切であると痛感。
機械音痴でHP初心者の私は、なにがなんだか分からず、最初の専門家の回答にそった対策をどうしたらできるか分かりませんでした。
「その前段階で躓いているんですけど!!」と声を大にして叫びたかったです。
専門用語を多用されても、、それどういう意味なんですか???ということありませんか?

専門家にありがちなミスとして、相手が理解していることを前提に話を進めてしまうということがあります。

例えば、相続のご相談の場合
相続放棄は、相続の開始を知ってから3ヶ月以内にしなければならない手続き、と説明することが多いです。しかし、ここで要注意。
夫死亡後の遺産分割で、自身(妻)は相続せずに子にすべて相続させる、というときに「相続放棄する」と表現される方は多いです。
そんなときに、相続放棄は相続の開始を知ってから3ヶ月以内にしなければならない手続きですよ~なんて説明したら大変です。
「え?私、相続放棄できないの?」と驚いてしまいます。

言葉は本当に難しい。
相談者様の表情を拝見しながら、理解を確認しながら、慎重に相談業務を行うことはとても大切だと考えております。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。