民事信託・家族信託ってなんですか?

いま、静かなブームとなっている(?)民事信託・家族信託。
聞いたことはあるけど、どういうものか分からないという方は多いです。
ざっくり、おおざっぱにいうと、誰か(自分自身を含む)のために、自分の財産を信頼できる人に預けて、管理・処分をまかせる仕組みです。

ご本人や家族のためになにができるか?

成年後見制度、遺言、生前贈与、養子縁組、生命保険、いままでもいろいろな対策が考えられてきました。
しかし、従来のような方法では、十分に対策ができないことも多いのではないでしょうか。

生前の財産管理、相続後の資産継承・財産管理などの分野で有効とされております。
まだ十分に知られていない制度ですので、専門家や金融機関の方でも詳しく知らない方は多いと思います。
いろいろな事例が積み重なることによって発展し、より使いやすい制度になると期待しております。
民事信託・家族信託についての分かりやすい書籍等も出版されておりますので、一度お手にとってみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。