親が認知症になると…

親の財産のすべてを把握している人はどのくらいいらっしゃるでしょうか?
もし自分の親が認知症になったら???
認知症を発症し、本人の意思確認ができなくなると預金の引き出し等ができません。
不動産を所有されている場合、売買・賃貸等の資産活用をすることもできなくなります。建物が老朽化しても、修繕や建て替えたりすることができずに困っているという話をよく伺います。

そういうことにならないようにどういった対策をとればいいのか?
最近注目されているのが、家族信託という方法です。元気なうちに信託契約を結んでおくことで、後に認知症になった場合でも財産の管理や承継ができます。
この家族信託、あくまで「契約」ですので、既に認知症になってしまった場合はできませんのでご注意ください。
自分だけは大丈夫と考えてしまいがちですが、転ばぬ先の杖!
自分自身や愛するご家族のために、将来に向けたいろいろな対策をお取りになることをお勧めいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。