貸家バブル?

地方銀行の個人向けアパート・マンション建設融資が過去最大になったとのニュースがありました。
 相続税対策としてアパート建設をされる地主さんもいらっしゃるかと思いますが、供給過剰で入居者が入らなかったり、家賃が下がったりする可能性も、、。

地域によってはあきらかに明らかに供給過剰な場合があります。
採算が十分得られるか分からない状態で、建築会社や融資銀行に言われるがままになっていませんか?
借金を抱えることになって、建設を勧めた賃貸住宅メーカーを相手取り集団訴訟を起こしたケースもあるようです。

本当に大丈夫なのか?
いろいろな専門家に相談してみる、自分で調べてみるなどして、自衛をすることがとても重要だと思います。

大切な資産を大切な人に残すために相続税対策をしたのに、負債が増えただけ、、とならないように相続税対策には十分お気をつけください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。