相続税対策としての暦年贈与

相続税対策として基礎控除額以下の金額を毎年お子さんへ贈与している方は多いと思います。
110万円の基礎控除額以下である場合は贈与税がかかりませんので申告の必要はありません。
ただし、国税庁のタックスアンサーに贈与税がかかる場合が記載されていますのでご注意ください。
『毎年100万円ずつ10年間にわたって贈与を受けることが、贈与者との間で契約(約束)されている場合には、契約をした年に、定期金給付契約に基づく定期金に関する権利(10年間にわたり100万円ずつの給付を受ける契約に係る権利)の贈与を受けたものとして贈与税がかかります。』
https://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4402_qa.htm

毎年、同時期・同金額の贈与をされている方は要注意。
税務署から指摘を受けないよう、よくお調べになった上で慎重に手続きをなされることをお勧めします。
私のしている贈与は大丈夫?ということがございましたら、お近くの税理士の方にご相談したほうが安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。